2020年11月29日日曜日

aileの孫 バニラ君

 

本日、aileの孫、バニラ君が

虹の橋を渡りました。

aileの血筋、最後の子でした。

身体は男の子らしく大きくてスタイルよく

ホワイトタイガーの様な雰囲気のあるコでした。

残念ながら耳が小さく、showに出陣することは

ありませんでした。

ロシアンブルーらしく、ボイスレスで

よくおしゃべりしてました。


ちょっと今回は様々な事が重なって

正直、辛いです。

もう少し、一緒に居られると思ってたし。

なんか、ごめん、バニラ君。



2020年11月26日木曜日

東国三社

 びっくりした。

前回の記事が公開になってなかった(泣)


前記事にあるように

起こる出来事に振り回されてる最中

東国三社に参拝することになってしまう。


友人がバスツアーを初企画、初開催。

以前から参加が決まっていた。

キャンセルも考えたが、行き場のない思いを

どう扱うか困っていたので

えーいっ!全部出してしまえ!

の勢いで参加した。

いいも悪いも全部聞いてくれるから

話せば良いよ

と聞いた事を思い出したのだ。


人生は自作自演の映画である。

役にどっぷり入り込んで名演技を披露するのは

いいが、そのうち役なのか素なのか 

区別がつかなくなるのが不味いのだ。


自分でシナリオを書いておきながら

勘弁してくれっ!!

それはないだろ!

とは言えず。。。でも言いたい。

三社ともずっと愚痴を聞いてもらった。


最後の香取神宮で

おしゃべり上手な九官鳥のQちゃんに会った。

話しかけると、話しかけた言葉を返して

くれる。とても愛らしく。

最後に笑顔にしてもらった。

この日1番の癒しだった。

救われた。


頑張って来て良かったよ。

Qちゃんに会えたから。

なんや、Qちゃんに会う為に今回来たのか。そっか。


Qちゃんにお礼を告げて

帰ってきた。

数日後、再びQちゃんに再会する。

意外な形で(苦笑)












2020年11月25日水曜日

Per aspera ad astra

 



ずーっと人生

お金の心配ばかりしてきた。

過去形ではなく、今も。


失業保険を頼りにする余裕は無くて

すぐにでも復職しないと

いけない状況になっている。

なんで?

なんで、そうなる?


コンサルティングも続けて行くのも難しくなり

とにかく基盤を立て直すのが1番だとお休みを申し出た。

一度はご了承いただいた。が、しかし

足を止めずにコンサルティングは続けた方が

良いとのこと。


そんな無茶な。。。

私はそこまで強くない。



この世で生きていくのに絶対に必要な

『お金』

経済的基盤が揺らいでいるこの状況で

惨めな事この上なく

自分の愚かさと不甲斐なさに

嫌悪と吐気がする。

こんな思いでいる今、コンサルティングを

受ける事自体失礼である。

というか、恥ずかしい。

兎にも角にも恥ずかしい。

情けない。

くそぅ。。。

くそぅ。。。

悔しい。


就職活動はやはり難しく、既に何件か

門前払いである。

今年初めのあの悪夢が襲う。

足元から、首元から寒気がする。

悪夢のせいかと思いきや、本当に風邪を引く。

脳の暴走を止めるには眠るしかなく

とにかく眠った。

目覚めて暫くするとまた暴走する。

この状況でコンサルティングは不可能だ。。。

1か月お休みをもらおう。その間に仕事を決める。

そう決断し、お願いしたのだ。  


『絶対に足を止めてはいけません。』

このお言葉を頂戴した。

一体、足を止めるとはどういう事か

足を止めないとはどういう状態を指すのか

飲み込み、消化するのに時間がかかった。

脳が暴走し続けている中で考えていたから。

全て、過去の出来事などと結び付け出している

それすら分からず、脳の暴走を客観視しているつもりだったのだ。

脳内のあの声に囁かれ、最もだと納得し、暴走に

どっぷり飲み込まれていた。飲み込まれている事に

気付かぬように、正常運転であるかのようにリードする。

我が事ながら実に巧妙。


就職活動しながら聞こえた。

目を覚ませ

お休みして立て直すのに、何を?


ようやく理解し

再び、コンサルティングをそのまま

続けさせていただく事にした。

しかし、ASAMI先生と再会することに

楽しみだけど不安だった。

このブレまくっていて不安が未だ

行ったり来たりしている状態で。

光が見えているような

違うような。


再会した時

あぁ

良かった

ホンマによかった

目が覚めて良かった


初めの私の判断は一見すると

すごく納得出来る

しかし、これでは過去からと何も

変わらない。

今、取らなければならないのは

過去とは別の道

怖い方

あり得ない方


ASAMI先生に

ハイヒールの哲学に

脳科学に

Team asami parisの皆様に

支えられている今

とても豊かです。



































なんのコントをしているのか

ずーっとずーっとずーっと

考えてた。


未だ、これだと、こういう事かと

しっかりした確信は得ていない。


ひょっとして、これ?

と心当たりのある事が、夕方、ふと

浮かんだ。





2020年11月11日水曜日

同郷の人


昨日のプレタポルテレッスン前に

忘れていた洗濯物をクリーニングに

出しに行った。 

初めてのお店で、手続きしながら

話していると

店主の方も同じ大阪出身とのこと。

神奈川県に来て40年近く経つそう。

ご主人は夫と同じく横須賀の方で

更に話は盛り上がる。

「話したくなったらおいで」

同じ大阪の方だというだけで

ホッと心が緩むのに

かけてもらった言葉に

またまた緩んで温度が上がる。

先週に引き続き、人とのご縁が

嬉しくありがたく、ほっこりしたひと時だった。


庭に咲いた山茶花






2020年11月9日月曜日

更年期のトラブルとハイヒール


現在50歳の私

おかげさまで更年期の症状は見られず

生理も周期が整っている。

骨盤底筋ケア、膣ケアのおかげである。


今年になって、崩れ続けていた周期は

見事に戻って、今現在、更年期症状が出現

していないのはもう一つ

ハイヒールの恩恵が大きい。


30代早々、若年性更年期障害と

診断された過去がある。

腰痛に苦しみ、ハイヒールを全て

捨てた時である。

 骨盤底筋ケア、膣ケアは行ってはいたが

思考で強烈に女性である事、『性』を

否定していた。

お世話になっていた婦人科の先生から

『彼氏を作り、S ☆EXしなさい。

ホルモンも出て生理も整うから。』

『それが出来れば苦労はしない』と

頑なになっていた。


思春期あたりから、何よりもまず

女でありたいと、女として美しく在りたいと

思い続けていた私にとって

老婆の様に腰を曲げ、這って歩くのは

耐えがたい事だった。

どこへ出かけるのにも履いていた

ハイヒール。

釣りに誘われてハイヒールを履いて行き

呆れられたこともある。

靴はハイヒールしか持っておらず

フラットシューズを購入し履いた時

『終わった』と思った。


女性である事、女性として生きる喜びの象徴

ハイヒール

当時はもちろん自分の歩き方が招いた事とは

分からず、ただただ

ハイヒールを履けない

→女でなくなる

と絶望していた。


ハイヒールの持つエネルギーの凄さは

今、ひしひしと感じる。


元々生み出す力を持つ女性

骨盤底筋ケア、膣ケアで感じる力を取り戻し

どう在りたいか、自分を知り

ハイヒールで生み出す力を発揮する。

ハイヒールの哲学を知り、学び、実践して行くことで

必要なホルモンは創造され

自分の『性』を愛で

自分の中にある創造の力を思い出す。


私にとって

骨盤底筋ケア、膣ケアとハイヒール

ハイヒールの哲学は

車の両輪である。


30代初めの頃

ハイヒールでの歩き方を知らず

ハイヒールを手放し

更年期のトラブルに苦しんだ

今から思えばそれは

身体からのサインだった。

ズレてるよ

違うよ

気づいて


真実は今、ここ

身体が教えてくれている








2020年11月7日土曜日

猫だと思ったら狸だった件



今朝、夫を駅まで送った帰り道

反対車線の真ん中に蹲っているのが見えた。

瞬時にそれが何なのか理解した。

車からペットシーツを持ち出しながら

昨年、出雲大社の神迎え祭からの

帰り道を思い出す。

去年はハチワレさんだったなぁ

また同じ頃か。。。

大きいようで男の子かなぁ


近づいてみると

顔が違う。

え?あ?

たぬきさん?

ありゃ。。。


こういう場面に出くわすと知らん顔が

出来ない。

我が子達がうっかり外に出て

いつこのような事態になるとも

限らない。

過去、脱走して1年が経ち最寄駅の

地域猫が集まる場所に紛れており

捕獲したことがある。

我が子が無事であった事に心底安堵した。

どういう縁があるか分からない。


先日も、まさんが徘徊し

運良く保健所に保護されていた。

目も耳も鼻も衰えている

最悪の事態を覚悟した。

おかげさまで無事に我が家に帰って

穏やかな日常が戻っている。


動物愛護センターのホームページに掲載されていた。

〈雑種〉て苦笑。散髪前でボサボサだから?



役所に連絡する選択もできるが

動物は〈モノ〉扱いなのだ。

まさんが居なくなって警察に届け出た時も

〈遺失物〉

これがどうにも気分が悪く、ましてや

亡骸となれば、尚の事扱いは想像出来る。


なので、出来る限りの事をするようにしている。

たぬきさんは初めてだけど。



鬼滅の刃

 

いつぶりになるのか

久しぶりに映画を見た

今、ハマっている

鬼滅の刃

既にコミックで内容は分かっているが

見てみたい

子供の頃から行き慣れている映画館へ。


泣いた。やっぱり泣いた。

ストーリーが分かっているのに。


煉獄さんが亡くなる直前に

炭治郎、伊之助、善逸に対し

『俺は信じる。君たちを信じる。』

その言葉を受けた炭治郎は

自身の今の不甲斐なさを嘆く。

それに対する猪之助は

『信じると言われたならそれに応えること以外

考えんじゃねぇ‼︎

悔しくても泣くんじゃねえ。

どんなに惨めでも恥ずかしくても

生きてかなきゃならねえんだぞ』

ズシン。今の自分と重なって全身に響いた。


ふとした隙にグラグラと揺れて

『無い』モノばかりに意識が行く

周りと比較し、不安を広げ、やっぱり私は…

もう、いい加減にしないか。

そこに逃げるのはもういい加減にしないか。


これを続ける限り本当の自分を生きることは

出来ない。


まるで膿みを出すかのように

青天の霹靂以来、過去との訣別を

あらゆるところで突きつけられている。

今が正念場なのだろう。

ずっと緊張感が続く中

先日のコンサルティングで

ASAMI先生よりありがたいお言葉を

いただいた。

『それに応えること以外考えんじゃねぇ‼︎』

心の中で伊之助のセリフが聞こえる。



画像お借りしました

劇場版鬼滅の刃公式サイトより





 

2020年11月6日金曜日

筋肉をゆるめる


さとう式リンパケア 3つの基本

3つ目は

筋肉をゆるめる


筋肉をゆるめるとは圧力を抜くこと

筋肉がギュッと収縮して強ばると

筋肉内に圧力がかかっている状態となる。

この状態だと筋肉内にある体液(間質リンパ液)の

流れが悪くなり老廃物が排出されなくなって

筋肉がパンパンに張ってしまう。

そして筋肉を包んでいる筋膜が引っ張られ

刺激され痛みとなる。

筋肉をゆるめて圧力を抜くことで痛みが緩和され

体液の流れも良くなる。


タオルで例えると

筋肉が縮む=タオルを絞った状態(排泄)

タオルを絞ると水分が出るように

筋肉が縮むと老廃物が排出される。


筋肉がゆるむ=タオルを広げた状態(吸入)

タオルが広がると沢山水を吸うように

筋肉がゆるむと酸素や栄養素を沢山

吸い込み、細胞に届ける。


絞ったタオルを広げるには、押したり

引っ張ったりしても、広がらない。

揺らすことで広がり、水分を吸うことが出来る。

なので、さとう式リンパケアでは

押さない、揉まない、引っ張らないを

基本にしている。

2つ目に続きまた常識とは真逆で

だけどすごく納得した。

腰〈痛〉で困っているのに

揉む、押す、引っ張る事で

更なる痛みが加わる。その痛みに

耐えようと身体は強ばる。強ばる事で

また新たな痛みが出現するという負のループ

結局腰痛から解放される事はなく

悶々としていた私には一筋の光だった。





2020年11月5日木曜日

支持筋は屈筋

 

さとう式リンパケア3つの基本

2つ目は

支持筋は屈筋


人間の筋肉には、〈屈筋〉と〈伸筋〉がある。

関節を曲げる時に力が入る筋肉が

屈筋

上半身では腹側、下半身では背中側にある。


関節を伸ばす時に力が入る筋肉が

伸筋

上半身では背中側、下半身では腹側にある。

背骨で立っているのではなく

屈筋が支持筋となり、腔を構成

しながら立っている。

この支持筋が

緊張や疲労などで縮むと、腔は潰れ

バランスが崩れてしまう。

すると弱い筋肉、伸筋側が引っ張られる。

そうして昨日紹介したそれぞれの腔で

歪みや痛み、機能低下を引き起こす。

なので伸筋側をいくらケアしても

改善されない。

支持筋である屈筋をゆるめる事で

トラブルは緩和され、本来の身体に

戻って行く。


肩凝りや腰痛などのトラブルはほぼ背中側からの

アプローチでケアすることがほとんどの中

この理論には驚いた。

真逆の事を唱えている。

年に一度は必ず起き上がる事が

出来なくなる腰痛が、ほぼ出現しなくなった。


赤い部分が屈筋





2020年11月3日火曜日

身体は腔で出来ている

 




さとう式リンパケアに魅力を感じたのは

3つの基本の1つ

『身体は腔で出来ている』

ということ。


身体は大きく分けて

口腔、胸腔、腹腔という空洞で

構成される。

このそれぞれの腔が潰れることで

様々なトラブルが発症する。

例えによく用いられるのが

ペットボトル。

 ペットボトルを身体に見立てる。

本来の身体はペットボトルのような筒状

なのだが、外的要因などで潰れてしまうと

中にある内臓が圧迫されてしまう。


口腔で起これば肩こりやストレートネック

胸腔で起これば呼吸が浅く猫背になりやすい

腹腔で起これば、便秘や生理不順、腰痛などの

トラブルを招きやすい

この空洞、腔を広く保てれば

内臓は活発に動き、身体本来の機能を

取り戻し活き活きとする。


当時、この理論を聞いた時

胸が踊った。

多くの整体では軸の話をされるのだが

身体の構造から考えたら合点がいかなかった。

私の頭の中では軸に当たる部分は

見つからなかったから。

腔の理論

これだ!

腔を構成する筋肉にアプローチする


そしてもう一つ胸が踊ったのは

空の思想と繋がったから

色即是空、空即是色

一切は空

腔は空





結局幸せ


楽しい時間はあっという間

本日はプレタポルテレッスン


頭の中がグルグルしがちな私には

感じるを優先させる、身体を使うレッスンは

削ぎ落とされ、スッキリする。

どれだけ今が幸せなのかを感じる時間

感覚が掴めず、パニックになることも

とても幸せでありがたいのだ。

今しか出来ない、とても贅沢な経験。

未来のネタであり、目指すコーチ像には

大事な一面



何度もマントラのように唱える

過去の私へ、未来の私へ

この選択は、グッジョブ!

ありがとう!今感じているこの幸せは

貴女が選んでくれたから。

怖い怖いと言いながら

『感じる』を優先し、一歩を踏み出して

くれたから。







この赤に惚れたのがきっかけ
COMEX
大阪で再会♪





 

2020年11月1日日曜日

荒ぶる神の降臨



 昨夜、牡牛座満月を迎え

3大欲求である

食欲、睡眠欲、性欲は

ピークを過ぎ、落ち着きを取り戻しつつある。

 生理周期も重なり、今回は

かなり長い時間欲の暴走があった。

加えて情緒不安定、ヒステリーの出現


我が家では必ず夫に宣言し

今、身体がどういう状態なのか伝える。


以前は夫は何が起こっているのか分からず

言い争いになっていた。

女性の身体のリズムや私の場合の変化を

伝え、中々コントロールが難しいこと

また、波があるのが女性だということ。

生理は子宮がどんな状態になっているのかを

伝え、悪意があっての事ではないのを

話した。


それ以来、生理予定日はいつ頃か

生理が始まれば始まったよと

伝えるようにしている。

排卵日以降になると

『荒ぶる神の降臨です』笑

と冗談交じりで会話する。

生理が始まると

「お疲れ様でした」とお互いを労う。笑

「今回はマイルドだったね」

「今回はなかりヤバかったよ」

と夫からのコメントが入る。


貪るように眠り、食べたくなったら夜中でも

食べ、夫が欲しいとなれば何時でも誘う。

猛獣のような状態でも非難せずに

受け止めてくれる事に感謝する。



軽くなったと思った10月1日

あっという間に過ぎ去り今

11月1日

今度の1か月はどんな風に

流れて行くのだろう。

流されるのではなく

自分で舵を取り流れに乗って行こう。

どうか

お手柔らかに 

頼みます。。。

くれぐれも。。。汗


















コツコツ。誰でも最初は一年生。

 例えば、車の運転。 先ずは教習所にて、乗車前に行うこと どこをどんな風に見て、どういう見え方が 何を現すのかを知る。 ハンドル操作やギヤの切り替え。 路上に出て、他の車が多く走る中 どんな流れで走行するのかを体感。 実際に免許を取得してからが本番。 免許を取れたからといってすぐ...