2021年7月29日木曜日

コツコツ。誰でも最初は一年生。




 例えば、車の運転。

先ずは教習所にて、乗車前に行うこと

どこをどんな風に見て、どういう見え方が

何を現すのかを知る。


ハンドル操作やギヤの切り替え。

路上に出て、他の車が多く走る中

どんな流れで走行するのかを体感。


実際に免許を取得してからが本番。

免許を取れたからといってすぐに一般道を

スムーズに走れることはなく。

一度に流れてくるたくさんの情報を処理して

安全に適切な対応で車を操作する。

前後左右、死角になる箇所

鏡越しではなくて目視で確認するポイント

などなど。


書き出してみると、凄いなぁって思っちゃう。

車線変更やら、カーブが有ったり、山道坂道etc。

こんなの、一足飛びに出来るようになる訳もなく。

コツコツと乗り続けて習得、体得していく他なくて。

ある程度は言葉で説明出来ても、その先は

体感覚に頼る部分が出てきたり。

座学だけじゃなくて、身体を使い学ぶ事の

両方が必要となる。


今、取り組んでいるASAMI-PARIS 

ハイヒールメソッドもそう。

人生に於いて、歩き方を学ぶなんて事は

モデルや舞台人、セレブと言われる方々など限られた人達で

自分の人生にこんな場面が訪れる事は想像出来ず。

無意識で、当たり前に生きてる年数分

行ってきた「歩く」こと。


今まで意識して来なかったところに意識を持つ

一つずつ、一つずつ、身体に入れる。

クセになってしまっている状態に気づき

メソッドと入れ替えて行く作業。

全身を使うため、これまた車の運転同様に

一度にたくさんの情報を処理して、適確に

自分の身体を操作する。

あれもこれもそこもここも!

問題は山積みのように感じるけれど。

ひたすら一つずつクリアしていくしかなくて。

ただただ一つずつ意識しなくても出来るように

なるまで落とし込んでいく。

これを繰り返して行くうちにある日

無意識で、自動操縦で出来るようになってる自分に

巡り会う。

嘘でしょ?

あんなに苦労してたのに!

なんとも言えない気持ち良さ。


私で例えれば、車の運転、看護師としてのスキル

フラメンコでの身体の使い方で体感した経験があり。


全く知らない世界を知り、体得する喜び

体得するまでの過程も体得した時に

振り返り、自分を愛でるネタであり

起こる事全ては完璧な流れの中にあるのだと

確認出来る。


体得しようと、真っ只中にいる時は

朝、起きたら出来るようになってればいいのに

なんて思う事もあるけれど苦笑。

それだと、そもそも生きて何かを経験する醍醐味はなくて。


やってみたい

知りたい

「たい」に突き動かされて

飛び込んで

心から望んでいる事だからコツコツできる。

あの気持ち良さを感じたくて。


そして、誰でも最初は一年生。

まっさらな状態でそこに立つ

たくさんの夢、希望、不安と共に。





















0 件のコメント:

コメントを投稿

コツコツ。誰でも最初は一年生。

 例えば、車の運転。 先ずは教習所にて、乗車前に行うこと どこをどんな風に見て、どういう見え方が 何を現すのかを知る。 ハンドル操作やギヤの切り替え。 路上に出て、他の車が多く走る中 どんな流れで走行するのかを体感。 実際に免許を取得してからが本番。 免許を取れたからといってすぐ...