2020年9月26日土曜日

大人の修学旅行〜三峯神社〜①

 

9月24日、25日と

埼玉県秩父市、三峯神社へ



通勤ルートにある

京浜伏見稲荷神社へ参拝した時に

三峯さん行っておいで

5月にメッセージを頂いて

やっと現実に。


台風が近づいてきて

どうなる事かと危ぶまれたが

ほぼ影響なく済んだ。

道中は車内で近況報告

しながら、ワーキャー

賑やかしくノリノリだった。

「まさかさ、一緒に神社に行ける友達が

出来てさ、お泊まりまで出来るなんて

めちゃくちゃ幸せじゃない?」

「ありがたいよねー。」

愛と感謝が車内で渦巻いて

パール君、空を飛ぶんじゃないか?笑

っていうくらい素晴らしい

時間だった。


耳障りの良い事も悪い事も

しっかりと口にして伝え合う。

恥ずかしいとか照れ臭いとか

一切なくごくごく自然に当たり前に

表現しあえる関係。

宝物である。


到着と同時に太鼓が鳴り始めた。

「わ!歓迎されてるね!」


三峯神社には

御眷属拝借というのがあって

お願いすれば1年間

御眷属(狼)をお借り出来るらしい。

友人2人は既に拝借しており

それぞれどんな御眷属がついてくれてるのか

話してくれていた。

私は感じることは出来るが

映像としては捉えづらい。

「えー。いいなぁ。私、分かるかなぁ」

「大丈夫、大丈夫。感じるよ。」

翌朝昇殿参拝時に執り行われる手続きを

済ませて部屋へ。


車内で、三峯神社宿坊興雲閣で

提供されるしいたけ丼が

絶品だと、到着したら食べようと

楽しみに昼食は取らずにいた。

部屋に荷物を置き、いざしいたけ丼へ!

ところが、営業時間を過ぎており

今日はもう出来ないとのこと。

施設内には空腹を満たせるようなものが

見当たらない。

友人の1人が

「もう一声かけたら、どうにかしてくれそうな

空気だったよねー。」

「そうかなぁ?」

ん?っと思い、食堂に戻り声をかけた。

「すみません、ご飯って残ってませんか?」

「ご飯はありますけど」

事情を話し、おにぎりを作りたいから

ご飯を分けて欲しいとお願いした。

応対して下さったお姉さんは

「おにぎり3つですね。梅と昆布と

どちらにしますか?」

お新香までつけて頂いての

素晴らしいおもてなしをして下さった。

「ありがとうございますっ!」

コンビニのおにぎり2つ分はあるような

ボリュームでキラキラ光って見えた。

正にパワーフードである。



部屋に戻り、おにぎりを頬張り

「美味しいねーありがたいねー。」

ほっこり一息ついたらお風呂へ。


私達が宿泊した日は合計3組しか

宿泊しておらずお風呂は貸切状態であった。

とにかく話は尽きず危うく

のぼせそうになった。


そして待ちに待った夕食の時間。

用意されてあるお部屋に移動した。

豪華さとボリュームに驚いた。

「美味しそうっ!豪華だね!」

某企業のCMさながら

お値段以上!なのである。

先程のおにぎり、夕食の御膳

関わる方々のエネルギーを感じ

とても美味しくいただいた。




満腹、大満足で部屋に戻った。

長くなるので

次の記事に続きます。









0 件のコメント:

コメントを投稿

コツコツ。誰でも最初は一年生。

 例えば、車の運転。 先ずは教習所にて、乗車前に行うこと どこをどんな風に見て、どういう見え方が 何を現すのかを知る。 ハンドル操作やギヤの切り替え。 路上に出て、他の車が多く走る中 どんな流れで走行するのかを体感。 実際に免許を取得してからが本番。 免許を取れたからといってすぐ...