2020年9月23日水曜日

秋分の日

 



お休みをいただきますと

言ったものの

なんだか書き残しておかないと

気持ち悪い気がして。


日付は変わってしまったが

昨日は秋分の日

ゼロリセットのタイミング

だそう。


どうしても1人になる時間が

欲しかった昨日

夫は急に仕事が入り

ほぼ一日1人で過ごせることが出来た。


春分の日から半年間を

振り返ってみる

横浜に引っ越してまだ仕事も

決まっておらず

鬱々と過ごしていた。

私は外来専門でほぼ経験を

重ねており

コロナの影響で外来勤務の

求人はみるみる減って行っていた。

面接までこぎつけれても

パートタイマーではどうか?

ここまでコロナの影響が

出るとは思ってなかったと

募集をかけた時と状況が

一気に変わってしまったと

嘆くドクターもいらっしゃった。


今の職場は何件応募した後

決まったのか

看護師になって初めての

数の履歴書を書いた。




「今はコロナの影響で患者さん

来ないんだよ。しょうがないよね。」


このご時世に5月中旬

移転しリニューアルオープン

するとのこと。

今の場所で1年半診療し

移転を決めたという。

このコロナの影響下で。

発想にびっくりさせられた。


面接に伺って翌朝

メールで採用通知が届いた。

嬉しいことに入職日は

私の誕生日4月13日。

数年前から

自分の誕生日には、その日に会う

方々にありがとうの思いで

ちょこっとしたお菓子を

受け取ってもらっている。


入職日当日

院長、スタッフの方々に

挨拶しながら配った。

はじめましての方々から

お誕生日おめでとう

って言われるのが

凄く照れくさくも

嬉しかった。

面接時に

もし入職するならの話の時に

「あれ?誕生日じゃない⁉︎」

院長から言われ驚いた。

何歳とは見ても誕生日まで見てるとは。


中々仕事が決まらず

落ち着かない日々を送っていたところに

即決で採用いただき

本当に本当に感謝している。


入職してしばらくは

本当に患者さんも少なくて

今いるスタッフでやり繰りしようと思えば

出来る状況なのに。


オープンからいるスタッフから聞いた。

院長は強運なのだそう。

ご本人はそのご自覚がおありか

どうかわからないが

数々の場面で危機を回避して

きているそうだ。

来月で勤務半年になるが

確かにそうだと思う。

昨年度と比べてみると

コロナの影響下であるにも関わらず

移転したにも関わらず

患者さんの数は現在減っておらず

同じか、やや増加傾向である。


おそらく

看護師として勤めるのは

この職場が最後になると思う。


スタッフ間も仲良く

院長ともコミニュケーションが

スムーズに取れている

本当にありがたい。


最後となりうる職場が

今お世話になっているところで

本当に良かったと思う。


このような思いを持てる今に感謝。

ここまで導いていただいた全てに

感謝を。





25日までお休みをいただきます。

次回26日に綴らせていただきます。

















0 件のコメント:

コメントを投稿

コツコツ。誰でも最初は一年生。

 例えば、車の運転。 先ずは教習所にて、乗車前に行うこと どこをどんな風に見て、どういう見え方が 何を現すのかを知る。 ハンドル操作やギヤの切り替え。 路上に出て、他の車が多く走る中 どんな流れで走行するのかを体感。 実際に免許を取得してからが本番。 免許を取れたからといってすぐ...