2020年12月20日日曜日

出雲の魔法使い

 

2018年の夏からお世話になっている

島根県松江市にある美容室。

長年、ヘアスタイルに悩まされ

一度たりとも納得いく事がなくて

いよいよスキンヘッドでウィッグに

しようと真剣に考えていた。

そうすれば、気に入らなくて、まとまらなくて

外出不可能になったり、余計なストレスから

解放されてむしろウィッグの数だけ

楽しめるんじゃないかと


そんな時に

「勿体ない、どうにかしたい」

と言われ、お任せする事になった。

こちらとて、「どうにかしてくれ」と

ほとほと困り果てていた為、もし

納得出来なければ、坊主にするまでだと

正直、さほど期待はしてなかった。

「どうにかしたい」と

気にかけてもらえただけでありがたく、充分だった。



私が1番美しく見えるのは

なんとセミロングだと。

今迄、ロングかショートボブにしかされず

加齢と共にロングは避けており

ボブも飽きて似合いもしないショートヘアだった。

骨格、肌の色、どうしたら私が1番

魅力的に見えるのか色のアドバイスなど

話してもらった。

そうして出来上がって、鏡に映る私は

初めまして

さっきまで坊主にしようと考えていた私とは

全く別の人が映っていた。

一気に全身が快感に包まれた。

細胞全部が喜んでいるのを感じた。


髪型はお顔の額縁と言われるので

鏡を見るのが今まで苦痛で仕方なかった。

どんなにメイクの仕上がりが納得出来ても

ヘアスタイルで台無しになっていたから。


スタイリングはまだまだ下手だけど

収まるところに収まってくれるから

ゴキゲンで居られる。

BFに「島根まで行かんでも、梅田かミナミで、出来るやろ?」

と言われ、「分かってない!島根まで行かんとアカンねん!」

しみじみ眺めて、「そやな、確かに上手いなぁ」

美意識の高い彼は、髪を撫でて理解を示してくれた。


今は横浜からの移動だが

パスポートが要る訳じゃなく

あの喜びの為なら私を連れて行きたい。


何の制限も無く、望みが叶うなら

毎朝通ってスタイリングしてもらい

1日を始めたい。


この魔法使いの虜になっている。




ご本人も認めてらっしゃるが
見た目はモロ美容師のソレ←要するにチャらい
魔法使い 中井康智氏







0 件のコメント:

コメントを投稿

コツコツ。誰でも最初は一年生。

 例えば、車の運転。 先ずは教習所にて、乗車前に行うこと どこをどんな風に見て、どういう見え方が 何を現すのかを知る。 ハンドル操作やギヤの切り替え。 路上に出て、他の車が多く走る中 どんな流れで走行するのかを体感。 実際に免許を取得してからが本番。 免許を取れたからといってすぐ...