2020年9月9日水曜日

パール君

 

 ゴリッッ 

 「イタイイタイ!痛ーっ!」

パール君の悲鳴が聞こえた。


今朝、自宅の駐車場から出る時

左のフェンダーパネルを傷つけてしまった。


パール君とは愛車の名前である。

ニッサン YGZ11-130819

2008年5月26日生まれ

人生で初めてのマイカー

2015年5月30日

私の元に来てくれた。


何の制限もなく出来るのなら

パール君を家にして

パール君で生活したいと

思うほど愛しい


習慣を見直して

朝の通勤途中パール君の中で

ブログを書くことにした

私の好き、心地よいもので満たされた

空間だからだ。


運転は夫にお願いし

私は助手席へと移動した


今朝は自己紹介文を書くのと

ブログ記事を書くこと

だけど

パール君を傷つけてしまった動揺で

動悸が止まらない

「そんなことより、自己紹介文書かなきゃ」


〝そんなこと〟

ちょっと待って

〝そんなこと〟って

雑、雑過ぎる

愛しいものを傷つけてしまったのに


身体の反応に任せてみた

泣けてきた

「パール君」と呼びかけて

対話をした


大丈夫だよ。落ち着いて。

落ち着いて、ね?


しっかり泣いて落ち着きを取り戻した


ともすれば、そのまま

流されてしまうところだった。


丁寧に生きる

自分に丁寧に向き合う


「ありがとう、パール君」


そうして初めて笑ってネタに出来る

昨日の今日で早速しくじり

ネタの出来上がりである。


「ずいぶんと高額なネタだねー。笑

でも、自宅でよかったじゃん」


ノリのわかるパートナーで

よかった



2015年5月30日のパール君



0 件のコメント:

コメントを投稿

コツコツ。誰でも最初は一年生。

 例えば、車の運転。 先ずは教習所にて、乗車前に行うこと どこをどんな風に見て、どういう見え方が 何を現すのかを知る。 ハンドル操作やギヤの切り替え。 路上に出て、他の車が多く走る中 どんな流れで走行するのかを体感。 実際に免許を取得してからが本番。 免許を取れたからといってすぐ...